ひだまり通信

東海保険工房のブログ

今こそ知っておきたいライバルマーケティング広告とは

2021 年 8 月 2 日 | お役立ちコラム | コメントは受け付けていません。

ライバルマーケティング広告とは、ライバルターゲティング広告とも呼ばれ、今最先端ともいわれるWEB広告です。競合他社のサイトなど、指定したサイトに訪問したユーザーがサイトを離れたあと、ピンポイントで自社の広告を配信することができます。そのため、購入意欲があるだろう人にむけて、効率的に広告を出すことができるといわれ、まさに注目度が高くなってきています。そこで、ライバルマーケティング広告とは、そのメリット、注意する点などをご紹介します。

 

◆ライバルマーケティング広告とは

 

ライバルマーケティング広告は、競合他社などのサイトのURLを指定しておくと、そこを訪問したユーザーがサイトを離れたあと、ダイレクトに広告配信できる新しいWEB広告の手法です。従来は、自社サイトに訪れた人だけにアプローチができましたが、ライバルマーケティング広告の場合は、自社サイトを訪問していなくても、指定した競合サイトを訪問していれば、ターゲティングできるのが大きな特徴です。

 

◆ライバルマーケティング広告のメリット

 

ライバルマーケティング広告では、URLを指定すれば、そこに訪問した人に広告を出すことができます。つまり、競合他社のサイトを指定することで、販売したい商品やサービスに興味があり、ある程度購買意欲がある人にアプローチすることが可能です。また、他社が集客したユーザーに直接アプローチできるため、わざわざユーザーを探さなくても広告を送ることができて、非常に効率的で効果的であるといえます。

さらに、表示するバナーのABテストができるのも大きな特徴です。これにより、より顧客に響くバナーを見つけ、ブラッシュアップしていくことで、効果を高めることができます。

 

◆ライバルマーケティング広告を出す際の注意点

 

ライバルマーケティング広告は、指定したサイトを訪れた人にターゲットを絞って広告を送ることができます。そのため、大切なのは指定するサイト選びです。「売りたいと思っている商品やそれと類似する商品を購入したいという意思がある人」が訪れるサイトを選びましょう。広告を出した時の効果が大きく左右されるため、どのサイトに訪れた人に広告を出すか、という見極めは非常に重要です。

また、ライバルマーケティング広告は、購買意欲があり、見込み客となりうる人に広告を出すことはできますが、表示される広告バナーに魅力がなければ、クリックしてもらえず、自社サイトを訪れてもらうことはできません。そのため、どのような広告バナーを作るかを、十分に吟味する必要があります。

 

いかがでしたか?ライバルマーケティング広告を採用することで、届いてほしい人に絞って、効率的に広告を送ることが可能です。しかし、さまざまな企業の多くの広告がまん延しているため、いかに自社が求めているターゲットを見つけて、ユーザーが求めている情報を送れるかが大きなカギになりそうです。広告の効果が頭打ちだ、見込み客に効率よくダイレクトに広告を出したい、という方は、ライバルマーケティング広告について、より詳しく調べてみるのもいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。